早くても様々な訓練をすれば大丈夫!

コンプレックスというのは人それぞれ色々とあります。男性の場合は例えば薄毛の問題や肥満などはコンプレックスとなってしまうことでしょう。性に関して言えば早漏などは大きな悩みと言えるのではないでしょうか。長持ちすればいいというわけではありませんが、あまりに早いのは情けないものです。早漏を克服したい、出会った女性と自信を持ってセックスをしたい、そのためにはどうすればいいのか考えていきましょう。

早漏とはどういうものなのか?

早漏というと一般的なイメージとしては「挿入してすぐにイッテしまう」「挿入に行きつく前に射精してしまう」というものがあるのではないでしょうか。しかし医学的にはもうちょっと具体的に定義というものがあります。アメリカの泌尿器学会の発表によれば「射精を遅らせることが困難である」「挿入前に射精してしまう」「挿入後1分で射精してしまう」とのことです。また早漏が原因でフラストレーションを感じてしまい、セックスを避けてしまうといった体験も早漏の人に起きやすいこととされています。

早漏は多くの人が悩むもの

挿入後1分以内というのはそうそうないかもしれませんが、それでも自分の中で「早い」と感じていればセックスを避けてしまいがちになるかもしれません。男なら女から「早漏」なんて思われたくないのは当然です。実際に日本人男性のうち6割は早漏で悩んでいると言われています。医学的な定義から外れていたとしても精神的にプレッシャーを感じてしまっている人は意外と多いというわけです。

愛撫に時間をかけてみよう

「女性を口説きたい」「口説いた女性とエッチをしたい」せっかく出会った女性とセックスするチャンスが訪れたらばそれを逃す手はありません。早漏は怖いけどチャレンジしないという選択肢はまずないでしょう。少しでも気持ちに積極性を持たせるために、早漏を改善もしくは早くても相手を満足させられるセックス力を身に付けましょう。
早漏を治すには色々と方法があります。例えばオナニーで何度も寸止めをするという方法はシンプルですが有効です。訓練をしていけば射精をコントロールできるようになりますので暴発による早漏を防ぐことができます。 また挿入に頼らないセックス力というのも重要です。テクニックを磨き、愛撫に時間をかけてみましょう。挿入時間が短くても十分な愛撫をしておけば女性は満足してくれます。挿入後すぐにイッテしまったとしても「君が魅力的だったから」の一言で済ませることができるでしょう。

早漏は多くの人が悩む問題ですが解決する方法もたくさんあります。出会った女性とのセックスも恐れることなくチャレンジしていってください。

Copyright(c) 2013 日本の歴史に見る恋 ~平安時代から近代までの日本人の恋愛模様 All Rights Reserved.