≪恩義に報いるために死んだ武将とその後を追った妻 鳥海信道と花輪≫

戦国時代、夫婦仲のよい大名は割りといますが、旦那が奥さんを好きすぎて大騒動になり、はては歴史にも影響を与えてしまった話があります。それが細川忠興とガラシャ夫人カップルです。

≪細川忠興とガラシャ夫人≫

細川忠興は室町幕府の将軍、足利義輝と足利義昭に仕えた戦国きっての文化人細川藤孝の息子でした。のちに足利義昭と織田信長が対立するようになると父親とともに織田信長に従うことになります。その後信長のもとで活躍すると明智光秀の娘の玉、後のガラシャと結婚しました。二人は大変な美男美女のカップルだったらしく、忠興も美しい妻を深く愛していたそうです。

≪奥さんが好きすぎて…≫

そんな二人のエピソードで有名なのが、明智光秀が本能寺の変を起こした際のものです。本能寺の変後、早速仲間を募ろうと光秀は娘婿の忠興に声をかけます。忠興の父、藤孝も明智光秀とは親しい仲だったのできっと仲間になってくれると思っていたらなんと拒否されてしまいます。戦国時代の習わしでは妻の実家が的になった場合には内通の疑いを持たれないためにも妻を実家に戻すのが通例ですが、なんと忠興は妻を手放したくないために自ら幽閉します。これはガラシャに嫌疑がかからないようにするための決断だったと言われています。ガラシャに見とれた庭師を斬り殺し、料理に髪の毛が入っていたのを見てガラシャがこれを隠すとそれに嫉妬して料理人を殺したという奥さんが好きすぎてヤンデレじみたエピソードもあります。この他にも忠興が朝鮮出兵中に送った手紙には「秀吉の誘惑に乗らないように」という内容のものが送られていたそうです。

元々短気として有名で、戦場で捕虜をむやみに殺したこともあったらしく、明智光秀からはこのことを咎められていたそうです。しかも、ガラシャが侍女たちと一緒に当時禁止されていたキリスト教に入信した際には激怒し、見せしめに侍女たちの鼻を削いで改宗を迫ったという話もあります。しかし、後に禁教令がゆるくなると屋敷の中にキリスト教のお堂を作ってあげるというガラシャへの愛情も見せています。

≪ガラシャ夫人、壮絶な死≫

ですがそんな二人に悲劇が訪れます。1600年の関ヶ原の戦いが勃発する際に忠興は親しくしていた徳川家康率いる東軍につきます。しかし父親の藤孝と妻のガラシャは大阪にいたため石田三成率いる西軍によって父親は攻撃を受け、ガラシャは人質にされそうになりました。この時、忠興から敵に捕まるなら自害するよう言われていたガラシャはキリスト教であったため自害すること無く、家老に槍で突かせることで死亡しました。この事件をきっかけに西軍は大名の妻子を人質にすることをためらうようになり、関ヶ原の戦いの命運にかかわることになります。ちなみに自殺するよう言っていたのはこの時代、敵の妻を略奪して自分の妻にすることは珍しいことではなかったので自分以外の男の手に渡るのを嫌がったためとも言われています。

ガラシャの死にはひどく悲しんだらしく、ガラシャの死を知ったキリスト教の宣教師が彼女の遺骨をキリスト教徒の墓地に埋葬していた際に彼女のために再度キリスト教式の葬儀を行い、後に禁教令が出るまではキリスト教徒を保護し、側室はいるものの正室は持たなかったことから終始ガラシャのことを愛していたと思われます。江戸時代以降、忠興は父親と同じく文化人として余生を過ごし83歳で亡くなりました。