街コンで恋人をゲットしよう

夜這い、祭りの後、遊郭、お見合い…。と、時代とともに、男女が出会う場所もきっかけも変わってきた歴史があります。今の時代において、主流となっている出会いの形といえば、「街コン」でしょうか。自治体や企業が出会いのない男女にその場を提供しようと、アイディアを絞って全国各地で展開されています。ここでは、街コンで恋人をゲットするための秘策を伝授します。

どんな種類の街コンがある?

かつて、自治体主催の町おこし的なイベントの要素が強かった街コンですが、今では主にイベント会社などが主催して行っているケースが多いようです。インターネットで検索してみると、全国いたるところで、ほぼ毎日のように街コンイベントが実施されているのが分かります。

単に出会いを求める男女の談笑の集いではなく、多彩なテーマで企画運営し、バラエティに富んだ魅力的な街コンが見られます。例えば、「年の差」「アラフォー限定」「年収400万円以上」「公務員限定」など、それぞれの好みや狙い目に合わせた参加ができるとことも昨今の街コンの流れといえるでしょう。

小規模イベントが狙い目

では、参加者はどんなイベントに参加すれば意中の異性をゲットできるのでしょうか?戦略も立てずやみくもに参加するだけでは、失敗の数だけ増えて参加費を無駄に払う結果となってしまいます。街コンといえ、そこは勝負と競争の世界です。「恋人をゲットできるイベント」に的を絞って参加することが大切といえるでしょう。

そこでおすすめなのが、少人数参加の街コンイベント。参加者が少なければ、好みの異性と出会える確率も低下しますが、競争相手が少ないことで、カップル成立の勝算も高くなります。数が少ないと、一対一でじっくり話せるというメリットもあります。大人数参加の人気イベントだと、限られた時間の中で多くの人と接し、コミュニケーションを取る必要があるため、十分なアピールも困難でしょう。そういった意味では、少人数規模の街コンのほうが勝ち目はあるのではないでしょうか。

その日のうちにある程度距離をつめる

街コンで知り合った異性の連絡先を教えてもらうのは当然ですが、「今日はこれで終わり」では、ちょっとさみしいです。連絡先を教えてもらったからといって、後日必ず会えるとは限りません。出会いの日がその人と会える最後の日、というのも街コンでよく見られる現象です。

その常識を覆すためにも、できればイベントが終わった後、さりげなく2次会に誘うようにしましょう。二人だけの時間を作って、その人との関係を特別なものまで進化させれば、恋人へ一歩近づけるのは間違いありません。その強い意志と行動が、ハッピーライフを生み出す第一歩となるのです。

ひょっとすると、そのままその人と一夜を過ごす、なんて場面もなくはありません。男性であれば、こんなときバイアグラのような勃起薬があれば助かりますよね。初めての女性とは、いつも緊張してED気味になってしまって不安という方でも、バイアグラは効果があるのを知っていますか?備えがあることで自信をもってのぞめます。その際、医師の処方を受けた正規のバイアグラを使用するようにしましょう。間違ってもネットで購入して模造品に引っかからないようにしてください。

ともあれ、街コンはスピード勝負を心がけましょう。貴重な出会いの場を大切にし、あなただけの素敵な恋を見つけてください。

Copyright(c) 2013 日本の歴史に見る恋 ~平安時代から近代までの日本人の恋愛模様 All Rights Reserved.