風俗店は好みの女性と出会うのに最適!?

風俗店は男性の性欲を発散する場所であり、そこにいる女の子たちはみんなプロとして働いています。料金を支払ってプレイ時間中はまるで恋人のようにイチャイチャとすることができます。しかしタイマーが鳴ればそこで終了、ホテルを出ればもう赤の他人となってしまいます。風俗というのは疑似恋愛を楽しむ場所なのです。
とはいえ時には好みの風俗嬢やオキニ嬢に対して「男女の関係になりたい」と思うこともあるでしょう。果たして風俗で働く女性との恋愛はいけないのでしょうか?

風俗で遊んだことはありますか?

今の世の中、女性と遊ぼうと思ったらお金さえ払えば色々なお店があります。お酒とお話を楽しみたいのであればキャバクラがありますし、さらに一歩進んでエッチな時間も楽しみたいというのであれば風俗店を利用すれば良いでしょう。しかしどちらの業種もそこで働く女性たちはプロとして男性に接しています。時間内だけの疑似恋愛しか楽しめないのが普通です。風俗店の場合は肌を合わせてしまうため、ホテルを出るときなどはなんだか切ない気もしてしまうかもしれませんね。しかしそれがお店側とお客の間にある一つのルールやマナーなのです。

風俗嬢ってプロでしょ?

風俗嬢というのは性のプロとして働いています。高いプレイ料金の対価として性奉仕をし、男性へ恋人のような雰囲気を提供してくれているのです。プレイ中に見せている笑顔というのは営業スマイルなのかもしれません。
とはいえ風俗で働く女性が特別なのかと言えばそうではありません。例えば喫茶店で働くウエイトレスさんだって、いきなり馴れ馴れしい接客はしませんよね。店員としてプロとして自覚を持って仕事をしています。風俗嬢だって同じです。仕事中は性のプロとして頑張っていますが、就業時間が終われば普通の女の子として生活をしています。そう、風俗嬢であってもその本質は街中を歩くどこにでもいる女性でしかないのです。

風俗で働く女性とお付き合いをするには

そう考えた場合、風俗で働く女性とお付き合いをすることには何の問題もありません。さらに考えを発展させていけば、「風俗店は好みの女性と出会える場所」とも言えます。お店に行く際は嬢の写真を見て外見を選びますし、得意なプレイや好きな性感帯などをチェックすることでしょう。つまり見た目もエッチも自分に合っている女の子を選びやすい場所なのです。

風俗で女の子とお付き合いすることは全くおかしなことではありません。むしろ恋愛をしたい男性にとって出会いの場所として意外と機能しているところとも言えるのではないでしょうか。

Copyright(c) 2013 日本の歴史に見る恋 ~平安時代から近代までの日本人の恋愛模様 All Rights Reserved.