じっと手をみながら、女郎屋通いをやめない石川啄木

石川啄木といえば、貧乏の代表選手のような人です。貧しい暮らしをしながらも家族のために頑張り、幸運に恵まれないまま早逝した天才歌人。代表歌のひとつ、「はたらけど はたらけど猶(なほ) わが生活(くらし) 楽にならざり ぢつと手を見る」は、いくら頑張ってもうまくいかない人生をはかなんだ歌です。しかし、実際の啄木の生活は、かなり享楽的なものでした。

秀才美男子は女好き

石川啄木はもともと裕福な家庭の子どもです。父は曹洞宗のお寺の住職。当時地方都市の寺の坊さんと言えば、知識階級で、ある程度の財産のある家庭です。啄木は「末っ子長男」として溺愛され甘やかされて、何不自由のない少年時代を過ごします。小学生時代には神童と呼ばれるほどの秀才で学校を首席卒業。女子にも人気がありました。

ところが中学に入学すると、女の子に夢中になり勉強どころではなくなります。複数の女性とのセックスも経験し、同級生を妊娠させたりもしたと言われます。その頃の恋人の一人、堀合節子が後の妻となります。1年先輩の金田一京助とも親交をもち、文学への関心も抱き始めます。学業がおろそかになり、試験でカンニングをしたことがきっかけとなり、素行不良で退学となります。お金持ちのお坊ちゃんにありがちな末路です。

遊郭で散財して貧乏に

与謝野鉄幹の主宰する「明星」に投稿をはじめ評価を得たため、詩集を出版してその印税で暮らせるとふんで、堀合節子に結婚を申し込みます。ところが詩集は全く売れず、行き詰った啄木はノイローゼ状態となり自分の結婚式に出席しませんでした。生活が成り立たないため父に無心、父は寺のお金を使い込み啄木に送金しました。それがバレて、父は失職します。

金田一京助のところを訪ねて借金をしたりもします。金田一は家財道具を売って啄木に用立てしていたそうです。こうした借金三昧のなかで、啄木の気分転換は女郎屋。遊女相手にさまざまな性行為をすることが何よりも大好きで、啄木は金田一から借りた金もすべて遊郭で散財していました。遊女の膣にげんこつを挿入して遊んだ、というようなことも日記に記しています。

新聞社でサラリーマンとして働いたりもしていますので、啄木の収入そのものは決して少なくはありませんでした。生来の散財癖があり、セックス狂いのところもあったため、入ってくるお金が次から次へと遊ぶ金に消えてしまい、生活費がなくなるという繰りかえし。「はたらけど はたらけど」の原因は、啄木の女遊びにありました。

こうした乱れた啄木の生活が一般に知られることがなかったのは、啄木の残した日記を金田一京助が隠していたためです。啄木の死後に、妻節子から日記を預けられた金田一は、啄木のイメージが傷つくことをおそれてそれを発表しませんでした。

啄木は女遊びで貧乏になりましたが、それでも、金田一京助は死ぬまで啄木をかばいました。啄木にはそれなりの魅力があったのでしょう。

Copyright(c) 2013 日本の歴史に見る恋 ~平安時代から近代までの日本人の恋愛模様 All Rights Reserved.