水商売で働く女の子達と恋をしたら

日本の歴史には、遊女や芸者、踊り子など、女性の魅力を売りにするサービスがたくさん存在しました。彼女たちの中にも、厳しい世界で行きながら、立派に恋をして、意中の男性と結ばれて幸せな生涯を送った人たちもたくさんいたことでしょう。

現代にも、性風俗やキャバクラなどの水商売がたくさん存在します。ここでは、キャバクラやガールズバー、あるいは最近はやりコスプレバーやメイド喫茶など、女性の魅力を売りにしたサービス従事者にスポットをあて、彼女たちの特性や、恋愛対策などを説明します。

キャバクラ嬢やガールズバー

給料が入ると、温かくなった懐を抱えて歓楽街に繰り出すサラリーマン諸氏は多いでしょう。月に一度あるかないかの贅沢を、キャバクラ嬢相手に思う存分味わい、破廉恥な姿をさらし、泥酔したり、後悔したり、あるいは奥さんに懺悔したりと、悲喜交々の人間模様が見られます。

キャバクラ嬢に本気になり、「この子と結婚したい!」と本気になって通い詰めている人も多いのではないでしょうか?キャバクラ嬢といえ女の子ですので、恋はするでしょう。しかし、なぜそんな職業についていうのか、その背景を考える冷静な頭も必要です。

キャバクラやガールズバーで働く多くの女性の目的は、「お金」ではないでしょうか。水商売のお仕事は、短時間働いてまとまったお金が稼げる割のいいお仕事です。性風俗ほどではないにせよ、それなりに体を張った職業ともいえます。お店を訪れるお客さんへの評価も、「この人はいくら稼いでいるんだろう?」とお金を価値基準に見る女の子も多いはず。つまり、キャバクラ嬢やガールズバーの女の子を落とすには、それ相当の財力と根気が必要だといえるのです。

コスプレバーでは?

オタクブームもあり、最近ではメイド喫茶をはじめとした「コスプレバー」なども流行っています。彼女たちは、アニメや漫画、アイドルにはまっていて、いろいろな衣装を着飾り、空想上のキャラクターを演じられることに喜びを感じています。

彼女たちも女の子ですので、恋はするでしょう。しかし、「妄想腐女子」なる言葉もあるように、二次元のキャラクターに酔いしれ、現実世界の男性や恋愛にあまり興味を示さないのも特徴の一つ。(もちろん、普通の恋愛をする子もいます)恋心はしっかり持っていますが、その対象となるのは生身の男性ではなく、劇画の世界で活躍する偶像となると、一般常識では理解しがたいものがあるかもしれませんね。

彼女たちも、いずれは…。

キャバクラやガールズバー、コスプレバーなどで働く女の子たちも、ずっとその職業でいるわけではなく、好きな人と巡り会って結ばれ、結婚、という道を辿る人は多いでしょう。彼女たちとお店で知り合う男子たちの中には、本気で恋をして「絶対モノにしたい!」と意気込みお店に通い詰めるというパターンもあるはず。彼女たちを本気で落としたいのであれば、その職業の特性や、パーソナリティ、属性などを踏まえたうえで攻略法を考える必要があります。

魅力的なお店で出会い、ハートをゲットしても、やはり体の結びつきに持って行くまでどうなるかは分かりません。「今日が勝負の夜」と踏めば、バイアグラなどの必勝アイテムの用意もお忘れ無く。これまでの努力を一夜にして無駄にしないためにも、強力な勃起薬があれば憂いなし、です。その際、ちゃんと医師の処方を受けた正規のバイアグラ使用を心がけることをお忘れ無く。

いつの時代、どんな職業の女性も、恋をすれば普通の乙女。彼女たちと出会った男性諸氏は、ありのままの姿を受け止めてあげてくださいね。

Copyright(c) 2013 日本の歴史に見る恋 ~平安時代から近代までの日本人の恋愛模様 All Rights Reserved.